三代 政吉

価格: ¥3,000 (税込 ¥3,240)
予約期間: 2017年11月01日00時00分~
2017年11月30日23時59分
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

料亭の料理人とかまぼこ職人が共同で開発した、しっとりとして、魚の味の濃い「だて巻」。創業150 周年記念企画第三弾は、三代目「政吉」が生んだ「だて巻」のプレミアム版です。 ぜひ、この機会にご賞味ください。
※他の商品と別送となりますので、予めご了承ください。

送料無料の商品です
出荷日 : 12月26日~12月28日
ご希望の出荷日を通信欄にご記入ください

名称 だて巻
内容量 220g
賞味期限 10日間
保存方法 要冷蔵(1℃~10℃)
外寸 150×85×65(mm)
ご注意 ※他商品と別送でお送りいたします。

アレルギー特定原材料

丸う五代の技と味

「プレミアム復刻版」は、創業150周年記念企画として、 丸うの歴代五代の社長それぞれを代表する逸品を毎年一品ずつ、当時の製法などを振り返りながら、現在の最高級の原料で再現します。

第三弾は、三代目「政吉」が生んだ「だて巻」のプレミアム版です。
丸うの「だて巻」は、昭和45 年頃、小田原の老舗料亭の料理人と、 政吉が共同開発しました。粉物を一切使用しないため、当時から一般 的だった東京だて巻の食感や風味ではなく、しっとりとした食感と、上品 な甘さが特徴で、丸うの上質な魚のすり身によって、魚の味の濃い独自 の「だて巻」に仕上がりました。両面を約45 分かけて遠火の強火でじっ くりと蒸し焼きにし、ひとつひとつ手で巻き上げました。

幕開けの、丸う田代の原点とも呼べる「初代 卯之助」「二代 永之助」と合わせ、ぜひご賞味ください。

厚い人望と誠実な人柄で丸うの礎を盤石なものとした生まれながらの職人三代目 政吉

三代目「政吉」は明治39 年(1906 年) に、二代目永之助の長男として小田原市 萬町(現・浜町)で生まれました。  人情深く恩義を忘れない昔かたぎの政 吉は、高松宮様をはじめ、国内外の重鎮 の方々と幅広い交友関係と交流を築くとと もに、早くから、大正、昭和期の小田原か まぼこの発展に尽くしました。

料亭と開発した「だて巻」

丸う独特の「だて巻」は、昭和45 年 頃、小田原の老舗料亭との共同開発で 誕生しました。しっとりとした食感と、上品な甘さが特徴の老舗料亭の玉子焼きを政吉が気に入り、共同開発を依頼したと言われています。政吉と老舗料亭の料理人との試行錯誤を経て、料亭風の玉子焼きに丸う独自の工夫を加えた、しっとりとして魚の味の濃い「だて巻」が完成しました。

商品について

  • 鶏卵
    だて巻用の卵黄は液卵専門のメーカーに特注しており、卵を割ったその日に丸うの工場に届くのでまだ暖かく、そのままでは加工に向かないので冷蔵庫で一晩冷却します。
    丹沢に育まれた地鶏の卵を、様々な検査で選別し、高速割卵機で卵黄と卵白に分離します。
    卵の殻の小片などの濾過器により除去し、バッチ殺菌された高品質で安全な卵液を使用しています。
  •  
    材料の混合
    卵、砂糖、魚肉すり身を混ぜ合わせます。
    混ぜ合わせた原液は樽に移し、一日0℃の冷蔵庫で熟成します。
    この作業により原液内の気泡を除き、それぞれの原料を均一にします。

  • 焼き
    粉物を一切使わないことで一般的なふんわりとした食感ではなく、卵と魚の旨みが凝縮されしっとりとした味わいのだて巻になっております。
    特注の焼き機を使用し、両面を45分間遠火の強火でじっくり蒸し焼きにすることにより魚の旨みを閉じ込め、丸う独特の濃厚なだて巻を焼き上げました。
  •  
    成型
    だて巻を作るとき、仕上げともいえる成型の作業。
    だて巻は巻物のような見た目から、学業成就の願いが込められているといわれています。
    焼き上げてすぐの熱いうちに巻き上げることにより、だて巻特有の渦の形に形成されます。
    昔ながらの製法を大切に、職人の手によりひとつひとつ手作業で丁寧に巻き上げております。

ページトップへ