よくあるご質問

製品に関するご質問

「ぐち」はどんな魚ですか?
「ぐち」は、相模湾では「いしもち」と呼ばれ、昔からかまぼこの原料として使われていました。
小田原で大量に使用されるようになったのは大正時代に入ったころで、長崎や下関のトロール漁船が大量に漁獲し、それを小田原まで運んでいました。当時の蒲鉾屋は、浜前の魚を使用するのが当たり前でしたので、遠くから時間と費用をかけて運ぶことに対してかなりの批判もありましたが、このことが小田原蒲鉾の隆盛につながっています。
「スケトウダラ」はいつから使われていましたか?
「スケトウダラ」の冷凍すり身は、昭和35年に北海道立水産試験場の研究グループが発明しました。
これにより、原魚の処理をしなくても蒲鉾が作れるため、全国の蒲鉾屋が使うようになりました。昭和40年には洋上で冷凍すり身を加工する船が開発され、その需要は一気に広がりました。
しかし、小田原では「ぐち」を基本にした蒲鉾作りを続けたので、自然に他と差別化することにもなりました。
小田原の地魚を使った蒲鉾はありますか?
丸うでは、平成元年より小田原漁港に水揚げされた小型の「いさき」を主原料とした「いさき蒲鉾」を製造しています。
小型のいさきが水揚げされる時期は限られているため、期間限定で製造、販売しております。この「いさき蒲鉾」は、平成22年度の農林水産祭において内閣総理大臣賞を受賞するという栄誉をいただきました。
アレルギー物質は何が含まれていますか?
丸うの板付け蒲鉾に含まれるアレルギー物質は「卵」です。
製品によっては、大豆(醤油成分として)、えび、かに、ごまなどが含まれるものもありますので、製品の表示をご確認ください。
丸うの蒲鉾に澱粉は入っていますか?
丸うの蒲鉾は、ほとんどの製品が無澱粉で作られています。
丸うの蒲鉾は魚が濃いので、十分な弾力が得られ、澱粉を添加する必要が無いからです。
ただし、煮込み料理やおでんなどに使われるような製品は、だしを吸いやすくするために澱粉を加えています。
蒲鉾の塩分は多くないですか?
蒲鉾に含まれる塩分は1.6%程度で、1本で換算しても4gほどと、決して多い数字ではありません。
また、一人で一度に1本を食べることも無いと思われますので、塩分についてはあまり気にする必要は無いと思われます。

お買い物に関するご質問

ご注文について

注文したのに確認のメールが届きません
ご注文完了後に確認メールを自動配信しておりますが、お手元に届いていない場合は、次の場合がございます。
  • 迷惑メールフォルダーに振り分けられてしまい、受信トレイに入っていない
  • 弊社のメール(@maruu.com)がドメイン拒否されている
  • メールアドレスの入力間違いやご注文が正常に完了していない
お手数おかけいたしますが、一度メールフォルダのご確認お願いいたします。
それでもメールをご確認いただけない場合は、当店で照合の上、ご連絡させていただきますので、ご注文時の「お名前・電話番号・メールアドレス」を記載して、下記までお問い合わせをお願いいたします。
お問い合わせ info@maruu.com
電話でも注文できますか?
はい、お電話でのご注文も承っております。
[代金引換]、もしくは[銀行振込][郵便振替]でのお支払いとなります。
お電話でのご注文 tel0120-22-9221/受付時間 9:00~17:00
※セキュリティーの問題でクレジットカードによるご注文はできません。
※12/29~1/3はお休みさせていただきます。
自宅用と別届け先用を一緒に注文したい
購入者様の住所以外、複数の配送先の指定が可能です。※最大100か所まで
お届け先選択欄にてご入力をお願い致します。
一度完了した注文の内容変更(追加、変更など)は、どのようにすれば良いですか?
ご注文内容の変更、およびキャンセルなどにつきましては、下記よりメールまたはお電話で、ご連絡をお願いいたします。
メール info@maruu.com
電話 0120-22-9221(9:00~17:00)
会員登録済みですが、住所や名前が変わりました。どうしたら良いですか?
転居、改姓などでご登録内容の変更が必要になった場合は、会員ページにログインしていただき、ご登録情報ページよりご登録内容の変更をお願いいたします。
ただし、弊社よりご案内させていただいているダイレクトメールの内容には反映されませんので、併せて下記まで変更のご連絡をお願いいたします。
お問い合わせ info@maruu.com

お支払いについて

どのような支払い方法がありますか?
お支払いは次の方法からご選択いただけます。
詳しくはこちら
領収書の発行は可能ですか?
領収書をご希望の場合は、ご注文時備考欄へ下記の内容をご入力ください。
  • 領収書希望
  • 宛名
  • 但書(ご指定がない場合は、「お品代」とさせていただきます。)
  • 送付先

送料・お届けについて

送料はいくらですか?
送料は、ご購入金額、数量にかかわらず、お届け先1箇所につき下記の料金がかかります。代引手数料は当社が負担いたします。
詳しくはこちら
商品はいつ届きますか?
特にご指定のない場合は、最短出荷(ご注文受付日の翌日)で出荷いたします。
ご注文時間が0:00-17:00の場合 翌日出荷
ご注文時間が17:00-24:00の場合 翌々日出荷
※最短出荷および配達希望日指定なしの場合
お届け日の指定はできますか?
ご注文の際、備考欄へご希望のお届け日をご入力ください。
交通状況によってはご希望通りにお届けできない場合もございますので、余裕をみてご注文ください。
配達希望日、配達希望時間をご指定いただいた場合、それに合わせて商品を出荷させていただきますが、日にちおよび時間をお約束するものではございませんので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
海外へのお届けは可能ですか?
申し訳ございませんが、当店では海外への発送を行っておりません。

ギフト対応について

単品商品を選んで、贈答用の箱に詰めることはできますか?
ご贈答用の箱はサイズが決まっているため、お選びいただいた商品が入るかどうか、実際に入れてみる必要があります。そのため、ネットショップではお受けすることが出来ません。
ただし、店頭やお電話では確認のうえ承っておりますので、そちらをご利用ください。
電話番号 tel0120-22-9221/受付時間 9:00~17:00
のしは付けられますか?
用途、表書き、お名前をお教えいただければ、原則無料にて熨斗対応させていただいております。ご希望の場合は備考欄へご入力ください。
商品の中に明細書、納品書などを入れないでいただきたいのですが
お届け先がご注文者様と異なる場合は、明細書などの金額がわかる書類は同封しておりません。

その他

蒲鉾はいつごろから作られていたのですか?
過去に編纂された書物に「蒲鉾」または「かまぼこ」という言葉がたくさん出てきています。その中でも、最も古いと考えられているのが「類聚雑要抄」で、1115年のものです。
このことから、平安時代から蒲鉾は作られていたことになります。
小田原では、いつごろから蒲鉾が作られていましたか?
鎌倉の旧家で発見された古い日記に、北条氏康が関東公方を招いたときの祝い膳の記述があり、その中に蒲鉾と梅干しが出てきます。
これにより、戦国時代には小田原で蒲鉾が作られていたことがわかりました。
蒲鉾の板は、何の木を使っていますか?
蒲鉾の板は、主に北米、カナダ、そしてドイツの「もみ」や「しらべ」の間伐材を使用しています。
蒲鉾の板には、木目が詰んでいる硬い板で、臭いややにの無いものが選ばれています。
よくあるご質問