会社案内
ヨコハマ博雅について

明治32年、伊勢佐木町(横浜)にあった中国料理店「博雅亭」が、日本で初めてシウマイの製造販売を開始しました。
その後、博雅亭の支店としてオープンした「博雅茶郷」が「ヨコハマ博雅」の名前でシウマイ、餃子、中華菓子などの製造販売を開始し、横浜高島屋の開業と同時に販売店を出店することにより、多くの人に親しまれるようになりました。

後年、博雅亭、博雅茶郷は閉店となりましたが、博雅亭で修業を積んだ職人が㈱ヨコハマ景山としてシウマイの製造を引き継ぎ、博雅亭廃業時には「ヨコハマ博雅」の名を受け継いで、製造販売しておりました。

その後、㈱ヨコハマ景山は㈱丸う田代に吸収合併されることとなり、職人はもとより、製造機械も引き継がれ、衛生管理の行き届いた環境で「ヨコハマ博雅」のシウマイを製造、販売しております。
会社名 株式会社丸う田代
住所 神奈川県小田原市浜町3-6-13
創業 明治初年
設立 昭和26年1月10日
資本金 1,200万円
代表者 田代勇生
ホームページ http://www.maruu.com
copyright©maruutashiro co.,ltd. all right reserved.